柏羽藤クリーンセンター

 
柏羽藤環境事業組合 事務局
大阪府柏原市円明町666番地
TEL:072-976-3333(代)
FAX:072-976-3331
 
TOP > ごみを分別しよう > ごみ袋の透明化について

ごみ袋の透明化について

  なぜ透明のごみ袋が必要なのか?  
 

市民の皆様のご理解とご協力をお願いします。

 
  ごみの減量化や資源化をより一層推進するため、また、収集時のガラス類によるケガや、ガスボンベ等による車輌火災などの事故を未然に防止するため、分別にご協力いただき、一般家庭からのごみ出しは、無色透明のごみ袋を使用して頂くようお願いします。
 
 
 

Q&Aコーナー

 
 
Q: どこで購入できますか?
A: スーパーマーケット、家庭用品店、コンビニエンスストアなどで購入してください。
Q: どんな袋が使用できますか?
A: 無色透明の袋を使用してください。黒や青などの色のついた袋、紙袋、段ボール箱、木箱、発砲スチロール箱などの容器は、使用できません。
Q: スーパーマーケットなどのレジ袋は使用できますか?
A: 不透明、半透明などの中の見えないレジ袋は、使用できません。無色透明のレジ袋は、使用できます。
Q: 不燃ごみも、透明袋を使用するのですか?
A: 生ごみと同様に、無色透明の袋で出してください。なお、ごみ袋に入らないものは、現物のまま出してください。
Q: 家庭ごみだけ、透明袋を使用するのですか?
A: 柏原市、羽曳野市、藤井寺市の事業系ごみは、平成12年度から無色透明の袋を使用しています。
 
  イラスト